【作り置きOK?】美甘麗茶の賢い活用法

「美甘麗茶(びかんれいちゃ)は作り置きできるの?」という質問がたくさんあるようです。率直に言えば、味は変わらずに作り置きでもおいしくいただけます!

 

飲むたびに作るということをしなくても、アイスにして冷蔵庫に作り置きしておけば、いつでも好きに飲むことができるから便利ですよね。

 

ただし、煮出す時間には注意が必要です!アイスの場合、ホットの倍の煮出す時間が必要なんです。

 

なぜ倍の時間に出す必要があるのか、あすすめの作り置きアレンジも含めて美甘麗茶のことを紹介していきます。

 

 

<おすすめの作り置き方法は>
美甘麗茶のベストな煮出し時間は、ホットなら5分。アイスで作り置きをする場合なら1包の場合は10分です!(2包なら5分でOKです)

 

美甘麗茶は食事のときにも飲みやすい味なので、美甘麗茶だけで飲んでも、食事の際の常備茶にしても、シーンを選びません。

 

アイスで作り置きにしても、味や効果に差が出ることはほとんどありません。

 

でも、なぜアイスの場合は煮出す時間を倍にする必要があるのか疑問ですよね。その理由は、人間の味覚に関係しているんです。

 

氷が溶けたり、ジュースで割って飲んだりすることで物理的に薄まるという場合もありますが、、冷えた温度で飲む場合には人間の味覚が弱まるという特徴があるんです。

 

だから、その差を埋めるために濃い目の味にする必要があるんですね。

 

美甘麗茶を作り置きするときには、「煮出す時間をホットの倍にする」、これは鉄則です!

 

 

<より美味しく飲むために>
まずスタンダードな飲み方は、カップにお湯を注いでティーバッグを入れます。

 

そこから5分ほど蒸らしてティーバッグを取り出したら出来上がりです。簡単ですね。

 

蒸らす時間を長くするほど甘みが出るので、好みによって時間を調節するといいですよ。

 

お湯の量が多いときは時間を少し長めにとりましょう。

 

口コミの感想では、スタンダードにホットで飲む方が好きという人とアイスの方が手軽に飲みやすくていいという人とで分かれていました。

 

冷え性で寒気を感じがちな方はやはりホットの方が体に合うみたいですね。また、寒い日は外に出かけるときはホットをタンブラーに入れて持ち歩いたり、家に帰ったら暖房が効いてる中でアイスで飲んだりと飲み方を変えてもいいですね。

 

夏場などの暑いときは、氷の入ったグラスに注げいで麦茶の様にゴクゴクいくのもおいしいですよ!

 

アイスティーの時は2包で作るとより美味しく感じられるのでオススメです。

 

他にもアレンジ例としては、りんごの皮をお湯で抽出したアップルティーブレンドや、しょうがをすりおろして入れたジンジャーティーブレンド。

 

これらは寒くなってきた時期や冬場には特にぴったりで、普段と違った飲み口になりいいアクセントになります。

 

体を暖めつつダイエットにもなるなんて、まさに一石二鳥ですよね。

 

また、アイスでのアレンジならオレンジジュースで割ったオレンジティーなども美味しいですよ。

 

冷たいとゴクゴクいけてしまい、飲み過ぎには注意ですが、夏場はジュース割りもオススメです。

 

 

1日以内で飲みきる量であれば、もちろんシンプルに普通に入れて冷ます「作り置き」で飲むのも手軽で、夏場は特にオススメです。

 

普段お茶を入れる習慣がなかった方にはぜひやって欲しいですね。水筒に入れてランチのお供にする方もいるみたいです。

 

できれば毎日継続的に飲み続けられるといいので、外出する方は水筒やタンブラーを使うのはいい方法です。

 

 

<まとめ>
美甘麗茶は作り置きもOKです。アイスで作る際には、入れる数を普段の倍にするか、抽出時間を長くするのがおすすめです。

 

美甘麗茶はそのままでもおちろんおいしく飲めますが、いろんな飲み方があります。今回のアレンジ例も参考にしつつ、飽きずにおいしく続けていきましょう。

 

この他にも、自分なりにいろいろな素材で割ってみて、オリジナルの美甘麗茶を発見するのもいいですね。

 

>>美甘麗茶(びかんれいちゃ)が980円で試せる公式サイトはコチラ!